母趾種子骨障害とは? 知っておきたい原因と治し方

4月 25, 2022

足トラブル

この記事をシェアする
  • B!

当コラムは昭和57年(1982年)創業のインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。年間500種類以上販売している靴のなかから、外反母趾など足に悩みをお持ちの方でもゆったりと履けるエレガントな幅広シューズをご紹介しています。ショッピングサイトはこちらから

母趾種子骨障害とは

母趾種子骨障害の患部をあらわした写真。詳細は後述。

運動したり、歩いたりしたときに、足の親指(母趾)の付け根部分が痛むことがあります。
また、その部分を指で押したり、母趾を無理矢理に反らしたりすると痛みがおきます。

こうした場合、「母趾種子骨ぼししゅしこつ障害」が疑われます。

小学生から中学生に好発しますが、大人でも外反母趾がいはんぼしの随伴症状としてあらわれることがあります。

こちらの記事では、母趾種子骨障害についての症状・原因・治療法(自宅でできる対処法)をご紹介いたします。

母趾種子骨障害の症状

母趾種子骨の位置をあらわしたイラスト。母趾種子骨は足の親指の付け根にあります。

母趾種子骨は、母趾の内側と外側に1つずつあります。
母趾種子骨には、足指の動きを円滑にしたり、体重がかかったときの衝撃を吸収したりする役割があります。

母趾種子骨に何らかの障害が発生することを、「母趾種子骨障害」と呼びます。

成長期である小・中学生に発症するケースと、外反母趾に伴って発症するケースがあります。

小・中学生の場合、球技やダンスなどの部活やスポーツを始めたころから痛みを自覚し、そのまま慢性的な痛みとなるケースが多いです。

他方、大人では外反母趾の随伴症状としてあらわれます。

患部に炎症がみられる場合は、「母趾種子骨炎ぼししゅしこつえん」と呼ばれます。

母趾種子骨障害の原因

母趾種子骨障害の原因を特定することは難しいですが、多くは種子骨部分が分裂・骨折・壊死・炎症を伴うことで発生します。

小・中学生の場合

部活動のイメージ写真

成長過程にある軟らかい骨が、日々の運動や繰り返し強い衝撃を受けることで、分裂・骨折・壊死・炎症を起こします。

例えば以下のようなことで、母趾種子骨障害が発生しやすいです。

  • 陸上競技や球技
  • 剣道や空手の踏み込み
  • ダンスやバレエ

地面からの衝撃が母趾種子骨に影響するので、インソールが薄く、衝撃吸収力が弱い靴を履いていると発症リスクが高まります。

外反母趾が原因の場合

外反母趾で足指が開くメカニズムのイラスト。詳細は後述。

外反母趾がいはんぼしの方は、開帳足かいちょうそくが原因で痛みを伴うことが多いです。

開張足は足裏の横アーチが崩れた状態で、母趾が横に開いてしまいます。
すると、種子骨が第1中足骨という骨の下に潜り込んでしまうので、これを踏む形で痛みがあらわれます。

開帳足について詳しく知りたい方は、「開帳足とは? 知っておきたい原因と対処法」の記事をご覧ください。

自宅でできる母趾種子骨障害の治療方法

痛みが数日続く場合は、整形外科を受診することをおすすめいたします。

おすすめの整形外科|(一社)日本足の外科学会

痛みが強いうちは運動を一時休止し、足を安静にします。
痛みを抑えるために、薬やテーピングなどを使用します。

また、母趾部分を繰り抜いた特殊なインソールを使うことで、母趾種子骨に衝撃を与えないように処置をする場合もあります。

何日も痛みが取れない場合は、外科手術を検討する場合もあります。

適切な治療を施したうえで、自宅でできる対処法は以下の通りです。

  • 患部への負担を避けて、安静にする
  • 炎症がある場合は、患部を冷やす
  • ヒールのある靴や足に合わない靴は履かない
  • 外反母趾が原因の場合、開帳足対策を行う

患部への負担を避けて、安静にする

痛みが強いうちは、無理に動かさずに安静にしてください。
ここで無理をすると、より悪化する可能性が高くなります。

炎症がある場合は、患部を冷やす

患部が熱を持ち、腫れあがるようであれば、氷で冷やすなどしましょう。
あまりに炎症が強い場合は、医師に相談して適切な処置を受けてください。

ヒールのある靴や足に合わない靴は履かない

ハイヒールなどの特定の靴を履くと痛くなる場合は、その靴を履かないようにしましょう。
痛みを我慢して足に合わない靴を履き続けると、重症化して靴を履いてなくても痛みがでてしまいます。

外反母趾が原因の場合、開帳足対策を行う

前述の通り、外反母趾の方は開帳足が原因で痛みを伴うことが多くあります。
その場合、開帳足を治すことで回復に向かいますので、開帳足対策を行うようにしましょう。

開帳足対策について詳しく知りたい方は、「開帳足・足幅が広い人の治し方 ~足幅を細く矯正する3大対処法~」の記事をご覧ください。

母趾種子骨障害は、治療に時間がかかり根気を要します。
整形外科を受診したうえで、自分に合った靴を履いて適切に治していきましょう。

魔法の靴屋さんについて

魔法の靴屋さんショッピングサイトの画像

幅広シューズの専門店「魔法の靴屋さん 」では、さまざまな足のトラブルに対応したおしゃれな靴を厳選してご紹介しています。

魔法の靴屋さんの特徴は以下の通りです。

  • 1982年創業の通販会社I・E・I(略称アイ・イー・アイ)が運営する幅広靴の専門サイト
  • 年間500種類以上を販売する商品群の中から、売れ筋商品だけをご紹介
  • 外反母趾をはじめとする足トラブルを抱える人向けの通販専門店
  • 履きやすさだけではなく、見た目の美しさやエレガントさにこだわった商品選び
  • 販売しているすべての靴に「足幅」「足囲」サイズを掲載
  •  
  • 全ての商品が無料でサイズ交換できます(返送料もかかりません)

「外反母趾だから、おしゃれな靴が履けない」
「足が痛くて自分に合う靴がなかなか見つけられない」

という方や、

履き心地、そして、スリムに見えるデザインに徹底的にこだわり、外反母趾ではないけど歩きやすい靴をお探しの方にもおすすめです。

当店で、あなたにぴったりの「理想の一足」をお探しください。




この記事を書いた会社
インペリアル・エンタープライズ株式会社
略称 I・E・I(アイ・イー・アイ)

設立年月日:昭和57年(1982年)9月1日
資本金:100,000千円
所在地:〒116-0014
    東京都荒川区東日暮里5-7-18 コスモパークビル6階

お問い合わせ
電話:0120-989-808
 通話料無料・午前9:30~午後5:00(土・日・祝日除く)
メール:お問い合わせフォームはこちら
当コラムは1982年創業のインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。幅広シューズの専門通販サイト【魔法の靴屋さん 】および、本サイト【魔法の靴屋さんコラム】を通じて、幅広シューズに関する情報を発信しています。

QooQ